ドン連ダーへの挑戦状・2

2007.10.04[木] 12:00

 

全国100億人ドン連ダーのみなさん、こんにちは!
今回は皆さんの間でも噂になっている(気がする)、
「太鼓の達人・愛のテーマ」、「おに」コースの譜面分岐に関するお話です。

つづきを読む...

「鷹舞狼吼」収録裏話

2007.09.06[木] 17:00

 

みなさんこんにちは。太鼓チームのタカハシです。
今回は、「10」に収録されている楽曲「鷹舞狼吼」についてお話をしようかと思います。

つづきを読む...

ドン連ダーへの挑戦状

2007.08.10[金] 12:00

 

ドン連ダー(どんれんだー)
・・・・・太鼓の達人において、黄色い「連打音符」でいかに多くの連打をするか、ということに燃える人々の総称。
その連打テクニックとしては「ダブルストローク」「T字」などがあるらしいが、詳細は謎に包まれている
・・・っていうかよく知らない。
ちなみにこの言葉はいま考えた。我ながら良いネーミングである。
(鈍明書房刊「連打極意百八箇条」より抜粋 ※)

と、いうわけで今日は連打のお話です。
いいですよね、連打。「ひたすら叩く」というだけのカンタンさ。
無我夢中になるというか、我を忘れるというか、太鼓を叩き壊したくなるというか。
あ、本当に壊しちゃダメですよ。お店の人が泣きます。

上級者ドンだーの人々の中には、「高難度の曲をクリアする」という目標に加えて、
「高いスコアを叩きだす」という目標も持っている人も多いかと思います。
そこで避けて通れないのが連打。連打は1発300点。10発叩けば3000点。
ゴーゴータイム中ならさらに20%アップ!これはバカになりません。
こうした流れの中で、「ドン連ダー」の人たちは生まれてきたと言えるでしょう。

そんなドン連ダーの人々へ向けて送るのが、「太鼓の達人10」に収録された「ロッキーのテーマ」
この曲では、とても多くの黄色い連打音符や風船音符が配置されています。
特に「おに」コースでは、風船音符4つで合計191発も叩かなければなりません。
連打音符も多めに配置していますので、ドン連ダーの皆さんにとって、腕の見せ所となる曲だと思います。
もちろん、「おに」以外のコースでも連打数は多めになっています。ぜひチャレンジしてみてください。


本音を言うと、2000発くらい叩かせたかったんです。
世界チャンプになるにはそのくらい叩かないとね。

(※ 架空の出版社&本です。探さないでくださいね。)