「クレーンシティ」 マスブ・チュジーという男の軌跡

2012.05.17[木] 11:00

 

みなさんこんにちは!太鼓チームのエトウです!
最近ダイエットに成功しました!ビバ・パダライス!


ということで、本日は先週から太鼓の達人ぽ~たぶるDXで好評配信中!
ナムコオリジナル曲「クレーンシティ」のお話をお送りします~!





先日もご紹介しましたが、クレーンシティは
ミカシリーズという曲のシリーズの第5弾の曲なのです。


そして、ミカシリーズの超不定期連載としては、6個目の記事!
過去の記事は・・・↓こちらからどうぞ!↓
http://taikoblog.namco-ch.net/blog/cat19/


それではここからは太鼓チーム サウンドンのマスブチさんに
バトンタッチであります。




~~~~~


6.第5弾『クレーンシティ』




【概要】


 こんにちわ。マスブチです。
 『太鼓の達人ぽ~たぶるDX』での『クレーンシティ』配信にあたり、
 「そういえば昔記事を書きかけてたなぁ。いい機会だから完成させっかなぁ。」
 とファイルを見たらタイムスタンプが2009年7月でした。なので約3年越しの記事です。


 お酒だったら熟成が進み結構な価値がついたりしますので期待してたのですが、
 全くもってそのような事はありませんでした(当たり前)。


 ということで、第5弾『クレーンシティ』についてです。
 私、前回『ダイエット・パダライス』を作ったことで気付いてしまいました。




 「変拍子でないほうが作るのが楽」


               --- 会社員 マスブ・チュジー(1976~)




 ということで変拍子やめました。楽したい。落伍者で結構。(ラクだけに)


 ・・・というのは半分本当ですが、色んなタイプの曲に取り組みたいという思いがありまして、
 今回はドラムンベース(注1)的な要素をいれてみようということを考えてたので
 ストレートな4/4拍子にしたのです。




【楽曲】


 ドラムンベースを意識するとはいえ終始チャカチャカしているのも疲れそうなので、
 サビ(イントロ)のみにとどめて、他は普段通りにポップな感じにいたします。
 ゲーム譜面もメリハリつけやすい。


 いつもは好物の70年代系なゴリゴリ・ボソボソとした楽器編成ですが、
 今回は珍しくキラキラ系の音(グロッケン)入れたりして
 ちょびっとだけファンタジックに?さりげない使い方ですが結構印象が変わるもんですね。


 ちなみにファンタジーイメージということで
 制作時のコードネームは『ねこくじら2』でした。
 (テンポ的には『ピューマシャチ』なのか?)




【歌詞】


 作詞の三角さんいわく、
 クレーンゲームの中にいるヌイグルミが取得されていくという内容だそうです。


 「ヌイグルミは人を選べない、どんな人の元へ行くのか、どんな運命を辿るのか。」
 深いですね。結構ダークな感じでもありますね。
 今日からヌイグルミが廃棄できなくなりますよ!


 (それにしても、どうして三角さんはこの曲を聴いて「クレーンゲーム」を発想したのか・・・謎。)




【まとめ】


 ドラムンベースとは言ってましたが、
 作っていくうちにテンポはかなり遅くなりました。
 テンポ速過ぎると歌モノとして崩壊してしまうので・・・。


 当初思い描いてたものとは全然違う結果になってしまったけど、
 とりあえずはそれっぽいゲーム譜面は作れたのでよしとしませう。てへぺろ。




(注1)
 Drum and Bass。音楽ジャンルのひとつ。マスブチ的には
 「ゆったりしたバッキングに細かいリズムが乗っていて、広い空間を駆けている」イメージ。
 エスカレーターを逆走する感じにも近い。いや、違うか。




~~~~~




マスブチさんありがとうございました~!


それでは今週はこのあたりで!
また来週!!



[カテゴリ:ミカシリーズ]