スペシャルフラッグのお話

2009.07.23[木] 11:00

 

みなさんこんにちは!色々と予約完了した太鼓チームのタカハシです。
におうだち最強!と思ってたらはげしいほのお4人分直撃で黒コゲになりました。
君の死は無駄にしない。




さて今回は、稼動開始より1週間が経ちました「太鼓の達人12 ドーン!と増量版」の隠し要素と、
それにまつわるちょっとしたエピソードをご紹介します!!







スゴ腕ドンだーなら、知っている人も多いかもしれません。
演奏ゲーム後の結果発表画面にて現われる「スペシャルフラッグ」!





ナムコオールドゲーマーにはおなじみですね。
「太鼓の達人」で初めて見た!という人は、覚えておいてください。試験に出ますよ。
昔のナムコのゲームにはよく出ています。




「太鼓の達人12」の時から、出現するようになりましたが、
当時の出現条件は「おにコースで★×10の曲をフルコンボ」というものでした。
(ただし、「きたさいたま」「X-DAY」「裏Rotter」は対象外)
おにコースで★×10の曲でならば、他のコースでもフルコンボすれば出るようになっていました。
例えば「熊蜂の飛行」や「KamikazeRemix」なんかは、
おにコースでは★×10ですが、かんたんコースでは★×3だったりします。
それでもフルコンボすればスペシャルフラッグは出現したのです。


・・・ですが、今回「増量版」ではちょっと条件が変わりました。
「各コース、★の数が最も多い曲をフルコンボ」することが条件です。
かんたんコースなら★×5、ふつう★×7、むずかしい★×8、そしておに★×10。
という難易度の曲をフルコンボすると、結果発表画面でスペシャルフラッグが登場!


これが出現したら、同じプレイ中に出現させたコースを選択してみてください。
曲選択中にもスペシャルフラッグのついた、隠し曲が出現しているはずです。








もう何年も前の話になりますが、ふつうコース&むずかしいコースの難易度って、
当初はそれぞれ★×6、★×7というのが最大でした。
PS2版「五代目」の時に各コースのボス的な扱いとして、
「恋文2000」だけを★×7、★×8にして登場させたのが、限界突破の始まりだったのです。
「ボス扱いだし、各シリーズ1曲だけにしよう!」のつもりが今や・・・
おにコース以外での難易度のインフレはできるだけ抑えたいとこですね。
自分で譜面作っておいてよく言うよ!というツッコミはあーあーきこえなーーい。




今回、ちょっとだけ変わったスペシャルフラッグの出し方ですが、
もうしばらくすると、また条件が変わるかもしれません。
上に書いた方法で出なくなったときがその合図。楽しみにしててくださいね。




それでは、また来週!



[カテゴリ:太鼓の達人12 増量版]